プレゼンぜーション上達法その3

kouen01
その3:焦点の絞り込み

繰り返しますが、成功する講演の基本とは次の3フレームに関連して、うまく整理していくことです。

1.焦点の絞り込み
2.最適な事例の抽出と講演内容の体系化
3.個人的体験談をちりばめる

まずは本稿では「焦点の絞り込み」についてお話しします。上記の3フレームの中でも最も大切なフレームかもしれません。何故なら、ここでポイントを外すと、聞いているほうも退屈な上、講演者も場内のしらけた雰囲気に包まれて、ますます意味のない講演になってしまうからです。

焦点の絞り込みで最も重要な要素は、

1.誰に話すのか?
2.何を話すのか?
3.聞き手は得られるベネフィット(利益)は何か?

それらを明確にしておけば、素晴らしい講演になることは間違いありません。

そして、「聞き手」と「自分」との共通項が多ければ、多いほど「感動と共鳴」は増えます。
kouen003

まずは次のポイントで話すテーマを整理しましょう。
kouen007

まずは以上のポイントが的を射ていれば、下記のような雰囲気にはならないはずです。
kouen005

一方、聞き手にとってわかりやすい講演になれば、こんな雰囲気になるはずです!
kouen006

そこで、講演を始める前に、次のチェックシートで話す内容を整理してみましょう。PDFは → 講演チェックシート

check

■ブログ執筆者 近江 業務案内

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ


Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください