「私は文章が下手なので、ついつい筆無精になってしまうんです」という愚痴?を聞くことがあります。

でもこれからのビジネスパーソンは「文章が下手」ではもう通用しません。

それはビジネスに従事する人は万人、電子メールでお客様はもとより、社内・顧客・取引先とのやり取りをする時代になったからです。

ただし、これからのビジネスパーソンは、「文章が巧い!」というよりは、「わかりやすい!」がプライオリティ。
その上で、心に響く言葉をワンポイントすれば良い時代になったと言えるでしょう。

そして、それよりも大切なのは誰に、どのような要件で送るか?を明確にしておく必要があります。

●社内文書か?:わかりやすさと重要なポイントを箇条書きにして、Don’t Forgetを強調する。
●取引先か?:これも社内文書と同じですね。ただ、相手のポジションによって文章の丁寧度は変わります。
●顧客:最も大切な企業の収益につながるチャネルですね。クラスター(若者・夫婦・シニアなど)、季節感、お得様レベル、また近年では紙媒体か?電子メールか?電話か?によってその内容は変わります。

その前に質問です。

質問:次の5つのトラフィックに対する手紙・メールの書き方の変化を意識していますか?

文章の書き方のポイントは次の通りになります。

このように、手紙や電子メールなど、送る手段によって、文章の書き方を変えていきましょう!

■ブログ執筆者 近江 業務案内

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください