まずは、下記の映像。何故か、アイルランドの人たちが、ジャパンが勝った瞬間!自分たちのように大喜び!・・・南アフリカが嫌いなの!
https://youtu.be/KuIgWmXPA_4?t=50s

それはともかく、今日(日本時間 2015/9/20)は、ラグビーファンにとって、生涯忘れ得ぬ日となったことでしょう!昔、ラグビーをやっていた私も、家で飛び上がって万歳三唱!・・・夢心地の渦に入り込みましたのです、はい!

1987年の第1回ラグビーのワールドカップ出場以来、前回の第7回までの通算成績は、1勝21敗2分。しかも、1995年の第3回大会では、ニュージーランド・ALL BLACKSに、17-145とW杯最多失点となる歴史的大敗・・・!

その日本代表が、ワールドカップ制覇2回の南アフリカ・Springbokに、後半ロスタイムのトライで34─32で逆転勝ち!!!

Unbelievable! Incredible! Japan Stun The World!・・・など、BBCもCNNも 世界中のマスコミが、史上最大の番狂わせ!とうれしい騒然!!!

何といっても「ハリー・ポッター」の英国人作家J・K・ローリングさんはツイッターで「こんな話は書けない」、W杯の公式ツイッターも「W杯の歴史上、最大の番狂わせ」と驚きをつぶやいたそうな。

あのブックメーカーのオッズでは、南アフリカの勝ちが1・0倍・・・これは、賭として成立していないのである!

それはともかく、夕方のニュースを見ていたら、フジテレビのニュースで、日本のラグビーが強くなった理由は、ズバリ!

外国人選手が大半を占めるから・・・としたり顔で言っていた・・・これに怒り心頭!

説明していたのは、サッカーがたいしたことなかった永島昭浩氏。日本のメンバーには、外国人が多く。それはラグビーが次の条件を満たしたら、日本代表に選ばれるからと解説。
原則として他の国・地域の代表経験がなく
(1)本人が日本生まれ
(2)両親か祖父母の1人が日本生まれ
(3)本人が3年以上続けて日本在住
-のいずれかの条件を満たせば、日本国籍は必ずしも必要ない。

というのものだが、アホか!ボケか!ニュージーランドやオーストラリアも、サモアやフィージー出身の選手が入っているし、そもそもアメリカなんて国は、元々、全部外国人じゃねいか!

フランスのサッカー代表を見てみろよ!殆どがアルジェリアなどの北アフリカの出身者なのである。

グローバル化とは何か?・・・それは、その国で住みたい人に居住権を与えることである・・・これが少子化の歯止めに一番良いし、マイナス面もあるだろうが、スポーツやカルチャー、多様な価値が混じり合い、新しい価値を生み出す特効薬になるはずである。

まさしく、日本人とは黄色人種でなければいけない!・・・という思い込み、近視眼では、真のグローバル化は実現できないのである!

野球のオコエ瑠偉、陸上のサニブラウンが活躍すると、大喜びしているのは、生まれと育ちが日本だからで、途中から移民してきた外国人は、あくまでもエイリアンなのだろう・・・そうした狭い考えが、日本のグローバル化を阻む大きな要因であり、それをマスコミがしたり顔で解説していたので、怒り心頭!!!!

阿呆め!・・・日本のマスコミこそがグローバル化に完全に乗り遅れているに違いない・・・外国でも外国の通信社の記事を買うのが殆ど、危険地帯に潜入するリスクはCNNやBBCなどに任せて、外国の記事をアレンジして、自らが足で運んだように見せているのが殆どだ。

日本政府もマスコミも今、欧州でおきている移民問題に対する国際的な分担・サポートへの意思表明もなく、難民受け入れに超消極的にもかかわらず、安保法案で軍事的な国際的分担だけに参画しようとしている愚かさ。

自衛隊が軍隊化する、国際的リスクを分担する・・・ということは、ドイツのように積極的な難民解決への提言・施策の実行をする義務が生じることは完全に避けて、何が国際貢献だ!

しかも、戦争への積極参加しようとする国が、紛争地帯で人質に巻き込まれただけで、あわてふためき、ジャーナリストの危険地帯へのパスポート発行を止める・・・そんな弱腰で、国際的リスクの分担などできるはずがない。

ということで、グローバル化のええとこ取りだけ、アメリカに可愛がられたいから戦争の仲間入り、「美しき日本」とか「アベノミクス」という言葉にひた隠してきた「美しき日本=軍隊をもつ逞しいニッポン」という安倍晋三氏の古くからの政治理念を叶えられてしまった今こそ、日本の未来を真剣に考えていく必要がありそうだ。

●真のグローバル化に向かうのか?・・・黄色人種だけで行くのか?
 グローバル化のメリット・デメリットは欧州やアメリカを見ればわかる。デメリットが怖いなら、移民受け入れは現状維持で、ラグビーも全員・日本生まれに限定するのか?

●軍隊化するのか、しないのか?
 戦争・紛争に巻き込まれた時、武器をもつ危険性のない政治家に勝手に決められて良いのか?

次回の選挙では、是非みなさん、投票にいきましょう!
私は、いろいろな人種・肌の人が協調して暮らす日本、世界で唯一の平和憲法をもち、戦争以外の解決策でリードしていく日本というビジョンを描いている政党・政治家に一票です。

でも、そんな政党・政治家はいたっけ?!

何を書いているか迷走しておりますが、
最後!話は戻りますが、マスコミは阿呆だ!グローバル化の本当の意味を勉強しなおせよ!安倍晋三と自民党のやり方にもっともっと避難記事を書けよ!今回はニュートラルな視点は要らぬ!

今回のブログは、お粗末でございました。失礼いたしました。

■ブログ執筆者 近江 業務案内

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください