大正・昭和初期の超未来都市「軍艦島」再訪!

2015年10月16日(金)、長崎出張。軍艦島こと「端島(はしま)」のクルージングツアーに参加した。

軍艦島へは2回目、前回は2012年10月なので、ちょうど3年ぶりということになる。快晴。

端島は、ご存知のように、今年7月に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」の一つとして、世界文化遺産に登録された通り、日本の近代化のいわばシンボル。

1960年(昭和35年)には5267人(当時の人口密度の世界一)と繁栄を続けた端島、エネルギー政策の転換期を迎えて、1974年(昭和49年)に閉山し、今は無人島だが、それを産業遺産として、保存を続けている長崎県・市の姿勢は賞賛に値すると思う。

端島は長崎港から18㎞あまりの海上に浮かぶ島で、高速クルーズ船で40分程の距離の航程。

長崎港を出航すると、借景のグラバー園や長崎三菱造船所が見やりながら、ほどなく蒼い海と澄んだ空のもと、女神大橋過ぎる頃から大海原へと移っていく。やがて、グラバーと岩崎弥太郎(三菱創立者)が炭鉱を始めた国内炭鉱発祥地である高島(世界遺産登録の一つ)、軍艦島より歴史の古い炭鉱の島・中ノ島を過ぎた頃より、うっすらと端島が見えてきた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

三菱長崎造船所


(さらに…)

Read More

秋の休日-朝ドラの「あさが来た」のロケ地「近江八幡」をゆるりと散策

久しぶりに休みが取れたので(というより、自営業なので勝手に休日)、近江八幡の「八幡堀」を中心に、ゆるりと散策してきました。

朝ドラ「あさが来た」嫁に行く風景はここかな?!

朝ドラ「あさが来た」嫁に行く風景はここかな?!

何故、近江八幡に行ったかといえば、今熱心に観ている朝ドラ「あさが来た」で、主人公の姉・はつが大阪へと嫁ぐときのシーンの舞台を拝見したくなったからなのです。
(さらに…)

Read More

茶屋街は日本人の心のふるさと/「金沢 茶屋街」VS「大阪・浪花 茶屋街」を歩き比べその2

2015072300230
雨のちの夜の「ひがし茶屋街」

上記の写真の撮影 Photographer 原田康雄 株式会社グライド 

前回は、浪花の新世界から飛田新地の風情を紹介しましたが、今回は小京都・金沢。どうも小京都という言葉には、金沢人は疑問に思っていたようで、どうも小京都・全国50都市が集まる「全国京都会議」から脱会したようですね。

京都は公家文化、金沢は武家文化の違いがあるからだという。
(さらに…)

Read More

「金沢 茶屋街」VS「大阪・浪花 茶屋街」を歩き比べその1:まずは浪花の新世界から

上の写真左は「金沢・ひがし茶屋街」、右は「大阪・飛田新地」
連休中真っ只中、行楽地に遊びに行こうと思ったが、ニュースの渋滞風景を見てゲッソリ(^_^)

そこで、近場の通天閣の新世界から飛田新地をブラブラ歩き。

小さい頃は、学校が近くだったので、親父や同級生と一緒に遊びに行ったものだが、案外近所の名所には行かないもので、すっかりご無沙汰だった。

そういえば、金閣寺の近所に住む大学の同級生は「金閣寺に3回しか行っていない」。生まれも育ちも江戸っ子の友人は「六本木、渋谷、ありゃ田舎者が行くもんだよ!ワチキは行かねえよ〜」とか言うのを思いだした次第。

でも、今日はどう思ったのか、新世界から飛田新地を2時間くらいかけて、じっくり、ゆったり、まったりと散策。
(さらに…)

Read More