よくあるのは、簡単なことを横文字を並べ立て、複雑にする担当者です。誰もが、サイトのことを詳しく知っているわけでも、そんな時間があるわけでもありません。

皆さん、それぞれがそれぞれの専門部署で頑張っているわけですから、誰もがわかるように、課題特定→改善策を提案していくべきです。

それでは、簡単にGoogleアナリティクスの見方を解説します。
Googleアナリティクスの登録方法と基本的な使い方は公式サイトへ

まず、全体の構造を知る
anlys01

■参照したい項目

Google用語 項目
ユーザー
(訪問者の行動)
サマリー サイトへの訪問者数、ページを見た数、新規ユーザー&リピータ数、サイト滞在時間などがわかる。
地域→地域 世界各国、日本、地域など、訪問者がどこからアクセスしたかがわかる。
モバイル PC、スマホ、タブレットのほか、iPhone、Sonyなど、ユーザーの利用している端末の詳細がわかる。
集客 サマリー 参照元ドメイン(他のサイト)、自然検索(キーワードで検索したユーザーの数)、直接サイトにやってきた数、有料広告、SNSを経由して来たユーザーの数がわかる。
参照元/メディア Google、Yahoo!などの検索エンジン(有料広告・自然検索別)。また、どのドメイン(他のサイト)からの流入なのかがわかる。
参照サイト 「Referral」=参照元ドメイン(他のサイト)
行動 サマリー ユーザー(訪問者)が、サイト内でどのように行動したかがわかる。特に、
●どのページ(ランディングページ)からサイトに入ってきたか?
●どのページがよく閲覧されているか?、●どこから(離脱ページ)出て行ったかがわかる。
つまり、PRしたいページが期待通り閲覧されているか?意外と興味が高いページなどの発見につながる。
コンバージョン サマリー

コンバージョンとは、購入・問合せ数・資料請求など、最終的な成果を示す数値。

前提として、コンバージョンを設定するページ、項目(資料請求、問合せフォーム、購買フォーム)などを、Googleアナリティクスで設定する必要がある。

設定方法は、こちら

次頁へ – 3/7頁

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください