2011年3月5日(土)
バルセロナに滞在するならサッカーのバルセロナの試合は必見とばかりに、行ってきました本拠地カンプノウに。収容人員9万8千人、その上、一番安いチケッ トですので、選手の動きはほとんど点で、それはもうテレビのほうが面白いのですが、熱狂的なスタジアムの雰囲気は満喫できました。

と言いたいところですが、対戦相手がサラゴサという弱小チーム。しかも3日後にチャンピオンズリーグのアーセナル戦を控えているとあって、主力メン バー温存という試合でしたので、試合内容はイマイチでした。それにやはりスタジアムはデカスギ!スポーツ観戦は小さめのスタジアムのほうが面白いですね。

話は少しそれますが、その昔、野球の近鉄バッファーローズの本拠地・日生球場のほうが大迫力でしたよ。選手と観衆の距離が異常に近く、しかも観衆が 千人程度の日もあり、安い内野席のチケットでも試合終盤に進むにつれて、バックネットに移動でき、落合 VS 阿波野という真打ちの勝負を目の当たりにし て観ることができました。

なにわともあれ、この日のカンプノウの試合ではそのような日生球場のような臨場感は望めるはずもないのですが、9万8千人を入れないと商売が成り立 ちませんよね。でも観光体験という意味では十分楽しめました。3日後のアーセナル戦も見に行く予定ですので、またレポートします。ちなみに私はアーセナル ファンです。

iPhoneでの素人撮影ですが、カンプノウの雰囲気をどうぞ。

 

■ブログ執筆者 近江 業務案内

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください