●離脱ページのポイント:「サイトコンテンツ」→「離脱ページ」
 前述の通り、離脱したページの特定で、次のページで離脱率が高いと多いに問題あり
●ネットショップの決済画面
●資料請求の画面
●懸命に書いたキャンペーンページから、資料請求まで遷移せずに離脱

そうした場合は、離脱率を下げるための改善策が求められる。
スクリーンショット 2015-11-16 10.43.54


■「コンバージョン」 → 「サマリー」
IMG_7686

コンバージョンとは、購入・問合せ数・資料請求など、最終的な成果を示す数値ですが、サイトの目的にとって、判断が変わるので、ここではあくまでも指標を示します。

有料広告でキーワードを特定した場合の合格ラインは10%で、それ以外のキーワードでは、1%と言われています。

しかしながら、過去の数値や目標数値との比較で、増減を常時チェックしていきながら、効果測定を行い、対処策を講じていくべきです。

■ブログ執筆者 近江 業務案内

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ

Leave A Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください