顧客と企業を“心”でつなぐマーケティング・プランナー「ビジネスラボ」近江 隆

サイトマップ

Web&Realチャンネル最適化を目指して顧客満足応援サイト

提供プログラム:Web開発コンサルティング

〈最初の課題特定ありき〉〈そこで、初めてPDCAサイクルへ〉

星の数ほどあるWebサイトで、いかにして顧客候補を発見し、購買・来店・問合せに導いていくか?・・・その成否の80%は、課題特定にかかっていると言っても過言ではありません。

課題特定を十二分に行わず、PDCAサイクルと称して、仮説・実行を急ぐあまり、顧客のとって、やさしいわかりやすいサイトになっていない場合が少なからず、見受けられます。

サイト開発の第一歩は、「課題特定」。当プロジェクトチームでは、まず貴社のサイトの課題を特定した後に、解決案を提案していきます。

提案例


STEP❶ セールスフローのどこに課題があるかを探る

《顧客満足の向上 = 売上の最大化》
アクセス→コンバージョン→ネットで購入→フォロー→売上最大化>メール&購買履歴・閲覧履歴をトップページに反映>ネットで閲、覧訪問営業>【来店】ネットで閲覧、店舗で相談・購入>【コールセンター】ネットで閲覧、電話で相談・購入

STEP❷ Webビジネスの方程式から課題を特定

ポイントは、アクセス数・コンバージョン率アップと離脱率(数)のダウン

アクセス数×コンバージョン率=コンバージョン数(ネット内で予約数、来店数、問合せ数)-離脱率=制約数(ネットで購入数、来店での購入数、問合せ数後の購入数)×成功数=売上最大化

STEP❸ 解決につながる仮説を設定する

【課題】□期待したほどアクセス数が伸びない□検索上位に出てこない→【仮説】□有料広告の見直し□参照サイトを増やす□サイト内のコンテンツの拡充→【解決策】SEO専門会社の提案のままにリスティング広告に投資していませんか?●まずは、サイト内の内容の充実とブログで自社をさりげなくPRしていく仕組みの構築します。●SNS(FacebookやTwitterなど)で、無償でできる仕組みを活用して地道にアクセス数を増やしましょう。●その上で、重要キーワードを絞り込んだ上で、費用対効果の高い有料広告を実施します。/【課題】□コンバージョン数の伸び悩んでいる□直帰率・離脱率が高い【仮説】□検索キーワードや参照サイトの内容とサイト内容コンテンツの不一致→ 検索キーワード = サイト内コンテンツになるようにサイト構成をリニューアル□サイト内デザイン、インターフェイスなどを見直す□問合せ・予約・購買フォームの見直し□購買履歴・閲覧履歴をコンテンツに反映する仕組みを構築する…One to One Marketing□顧客タイプ別のメールマガジンの発行など優良顧客育成の仕組みを構築する→【解決策】最も多い課題は、せっかく高額なWeb広告を実施しているのにもかかわらず、検索キーワードに連動したコンテンツが展開されていないケースです。●有料広告で出稿したキーワードと連動したコンテンツページを作成します。●その上で、予約・購買にいたるまでの流れで余計なページやコンテンツがないかをチェックします。●サイト内のフローやデザインインターフェイスなどに課題がある場合は、やはり専門のWebデザイン会社などに相談しましょう。

★詳しい説明をご希望のお客様は、こちらより、お問合せはください。