「心に響く電子メールの書き方」

私にも様々なメールが来ますが、読む気になれないメールも多くありますね。

1.まず、文章が長い
2.丁寧な言葉だが、慇懃無礼な文章
3.誰から?何の要件なのか、わからない
4.改行や空間の使い方が悪く、読みにくい
5.一体、何を書いているのかもわからない上に、何も提案していない!
6.万人に同じメールを書いているようで、自分への思いやり、商品提案がない

など、などです。ではどうすれば、良いの?

そこで、問い合わせメールに対する返信の「良い見本」と「悪い見本」を紹介します。

■まずは、悪い例から
電子メール_ページ_1

■良い見本です
電子メール_ページ_2

■ブログ執筆者 近江 業務案内
■お問合せは、こちらより

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ


Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください