「ビッグデータ」って何やねん!ちょっと横を向いていたら、新しい横文字が!

部長Wikipedia→ビッグデータ
ビッグデータ(英: big data)とは、市販されているデータベース管理ツールや従来のデータ処理アプリケーションで処理することが困難なほど巨大で複雑なデータ集合の集積物を表す用語である。その技術的な課題には収集、取捨選択、保管、検索、共有、転送、解析、可視化が含まれる。大規模データ集合の傾向をつかむことは、関連データの1集合の分析から得られる付加的情報を、別の同じデータ量を持つ小規模データ集合と比較することにより行われ、「ビジネスの傾向の発見、研究の品質決定、疾病予防、 法的引用のリンク 、犯罪防止、リアルタイムの道路交通状況判断」との相関の発見が可能になる。

と書かれている。

もう、ホンマに何のこっちゃ、わからぬ言葉が氾濫している昨今でございますが、

先日も調べ物をしていると、

マーケティングチャネルにおいて、リアルタイムにアナライズを行い、ディテールセグメント化。イノベイティブのソリューションとバリュアブルなオーディエンスを見つけ出し、バリューセグメント と ビヘイブヤ。セグメントを特定する・・・。

なんて、書かれてあったが!舐めとんのかい!日本語より、英語の方が多いやないの!

てなわけで、世の中、というより日本はおかしい?!そんだけ、英語使うなら、All English!でレッツら、Goneだぜい!

それはともかく、私の仕事のやり方は、未知との遭遇の用語や難解な解説には、自分なりに表にしたり、図にしたりしているのであります。

例えば、ビッグデータを図にまとめると次のようになります。

bigdata

でもそういう業務にかかわっていないと、わかりませんよね?

それでは、どのような分野で活用が進んでいるのでしょうか?

分野

部長2といった感じです。何々・・・これでもまだ分からぬ!・・・また、おいおいこのコーナーで解説していきます。

■ブログ執筆者 近江 業務案内
■お問合せは、こちらより

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 経営ブログ 広告・マーケティングへ


Leave Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)